メインメニュー

会員団体ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

投稿者: webmaster 投稿日時: 2016-5-11 10:50:23 (302 ヒット)

3月末に安全保障関連法が施行され、日本の「平和」に対する考え方や安全保障体制が急激に変化しています。
このたび、認定NPO法人 WE21ジャパンは、アフガニスタンやスーダンなどの紛争地で活動する日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事 の谷山博史さんをお招きし、 「“積極的平和主義”で失うもの−紛争地の現実と市民社会ができること」と題した講演会を開催します。
いわゆる「積極的平和主義」が紛争地にもたらす危険性や本来の意味、平和のために日本及び私たち市民社会が果たすべき役割などを伺い、対話による武力に頼らない国際協力・平和構築の重要性について考えます。
皆様、ぜひご参加ください。
ウェブサイト => http://www.we21japan.org/we21/2016/04/we21-8.html

講演内容:
・NGOから見た、紛争地における自衛隊の駆けつけ警護や後方支援の危険性
・「積極的平和主義」誤用についてと本来の意味
・平和構築のために日本が果たすべき役割
・NGO非戦ネットの統一署名など活動の進捗状況、NGO/市民社会がやるべきこと

日時:2016年5月21日(土)10時30分-12時30分 *開場10時15分
会場:JICA横浜 4F かもめ(横浜市中区新港2-3-1)
   ・JR「桜木町駅」から汽車道、ワールドポーターズ、サークルウォークを通り 徒歩15分
   ・みなとみらい線「馬車道駅」4番「万国橋」出口からワールドポーターズ方向に 徒歩8分
   アクセス => "http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
講師: 谷山博史さん(日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事、国際協力NGOセンター(JANIC)理事長、戦争をさせない1000人委員会呼びかけ人、NGO非戦ネット呼びかけ人)
参加費:500円
お申込み:5月18日(水)までに事前申込みをお願いいたします。
     WE21ジャパンまで、電話(平日10時-18時)、FAX、メールで氏名、連絡先、ご所属(あれば)を後連絡ください。
主催・お問合せ:認定NPO法人 WE21ジャパン
     〒231-0023 横浜市中区山下町70土居ビル6階
     TEL 045-264-9390/FAX 045-264-9391/info@we21japan.org


投稿者: webmaster 投稿日時: 2016-4-22 18:42:09 (581 ヒット)

■□■□■□■□■□■□■□■

「e-vo2016」(イーボ)大募集!

■□■□■□■□■□■□■□■

=「e-vo:イーボ」という名の国際協力イベント・ボランティアです。
=国際協力・多文化共生イベントをみんなで創るボランティアワークです。

◆活動する主なイベント
『よこはま国際フェスタ2016』2016年10月8日、9日、10日  神奈川最大級の国際協力・多文化共生イベント!
『よこはま国際フォーラム2017』2017年2月4日・5日 国際協力・多文化共生の50講座を一気に開催!

=国際協力に関わる手掛かりをつかむ機会、NGO や国際協力機関のことを知る機会となります。
=国際協力を専攻したり、関心を持つ学生間のネットワークも広がります。
=シニアとしての長年の経験をボランティア活動に発揮できます。
=学生〜社会人〜シニアまで世代を越えた幅広いボランティア・チームです。
=5つのチームに分かれて活動します。
=お仕事や授業のお休みを利用してマイペースで無理なく活動できます。
=NGOへの就職、海外ボランティアのことなど国際協力に関わる相談もお受けします。
=横浜・神奈川の国際協力・多文化共生の発展のために役立つことができます。

◆『よこはま国際フェスタ2016』の概要 ⇒こちらをご覧ください。(クリック)

◆e-voのお申込みから決定までの手順

1.オンライン申込み
下記からオンラインでお申込ください。

【⇒オンライン申込】(クリック)

* 個人情報は厳重に管理してe-vo の活動のみで使用します。
* オンライン申込後、受理通知をお送りします。申込後、3日を経ても 連絡がない場合には、
申込メールがうまく届いていない可能性があります。大変にお手数ですが、その旨を事務局宛に電話連絡
:045-662-6350 いただきますようお願い申し上げます。

2.個人面談を実施します。
所用約30分〜45分、(特活)横浜NGO連絡会事務所(JICA横浜内)にて
面談日程調整についてメールをお送りしますので面談日を予約してください。
面談日程は、平日夜・土日も候補日時にありますので、ご都合のよい日程をお選びいただけます。

3.チーム配属と活動
配属先チームは、面談時にご希望をお聞きした上で人数バランスなども考慮して事務局にて決定をさせていただきます。
ボランティア活動は、イベント当日のみの参加でも構いませんが、事前準備に関われる方は、ぜひ、ご協力ください。事前準備日は、チーム毎に決めています。土曜日・日曜日などが中心です。
チーム決定後、チーム毎の活動日程(いずれかの土日、チームにより異なります)をお知らせします。

◆事前準備の活動場所
(特活)横浜NGO 連絡会事務局
横浜市中区新港2-3-1 JICA 横浜
JR/ 市営地下鉄 桜木町駅から徒歩15 分
みなとみらい線 馬車道駅から徒歩10 分

◆募集内容など
・募集〆切:定員になり次第〆切
・参加資格:15 才以上、または、保護者の許可を得た小学生・中学生
・活動期間:イベント開催日(可能な限り)および事前準備(任意)
・募集人数:50名程度
・その他:交通費、食費などのご用意はありません

◆e-vo チーム分け
下記の5チームの募集をします。
活動内容などについての詳細は、面談の際にご説明いたします。

(1)e-vo フロントチーム
インフォメーション、会場案内、受付、アンケート調査、相談コーナー運営、来場者数調査、キャンペーン活動
「来場者をご案内し、イベントを楽しみながら国際協力・多文化共生を知っていただく取り組みをしませんか?!」

(2)e-vo エコチーム
食販ブースの運営管理、エコなイベント創り
⇒リユース食器の回収と洗浄、ゴミの分別回収、ブースへの給排水、企画など
「食を通じて世界の文化を発信!エコ活動を通じて地球環境を守ることの大切さを広めましょう!」

(3)e-vo ワークショップチーム
体験型のワークショップやキャンペーン企画の実施
「国際協力・多文化共生を楽しみながら知っていただくための企画を一緒に創りませんか?!」

(4)e-vo エンターテイメントチーム
ステージの進行、運営、出演者のコーディネイトなど
「世界の音楽や舞踊を通して国際協力・多文化共生を知っていただきながらイベントを盛り上げましょう〜!」

(5)e-vo 情報チーム
インターネットを活用して参加団体の活動紹介やイベントの様子などを動画により情報発信
「参加団体の国際協力・多文化共生をより多くの人に知ってもらいましょう!」

◆お問い合せ
事務局:(特活)横浜NGO 連絡会事務局
e-vo 担当:小俣(Omata)
〒231-0001 横浜市中区新港2-3-1
TEL: 045-662-6350
E-mail:omata@ynn-ngo.org

【⇒オンライン申込】(クリック)


投稿者: webmaster 投稿日時: 2016-3-5 13:08:44 (599 ヒット)



□■□■ 転送歓迎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みんなのTICADフォーラム

 〜アフリカと日本の新しい船出〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■



今年、第6回アフリカ開発会議(TICAD此砲ケニアで開催されます。

これまでのTICADで、市民社会はアフリカの人々の声を届け、真にアフリカの人々のためになるTICADを実現するべく、政策提言を行ってきました。

本フォーラムではTICAD VIに向けた市民社会の取組みを披露するため、アフリカ市民社会の代表を招き、TICAD VIに関連する課題別セミナーや、アフリカと日本の懸け橋となって活躍する在日アフリカ人や日本人を招いたトークセッションを開催します。

広大で多様で、躍動するアフリカ。持続可能な開発目標や紛争、環境、ユース・女性等、TICAD VIにおいて重要な課題について、アフリカの現場で活躍するアフリカ市民社会や日本のアフリカ専門家とともに、草の根レベルの知見を見出して議論します。

アフリカで開催されるTICAD VI、アフリカを、日本で体感してみませんか?



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃開催概要

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】 2016年3月19日(土)・20日(日)10:00〜17:30 (開場 9時30分)



【会場】早稲田奉仕園(東京都新宿区西早稲田2-3-1)

東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩5分、東京メトロ副都心線西早稲田駅より徒歩8分

http://www.hoshien.or.jp/map/)



【プログラム】

●1日目 3月19日(土)

★オープニング〜今年はTICAD VI〜アフリカと日本の新しい船出〜(10時〜12時)
・基調講演「2015年ノーベル平和賞受賞チュニジア国民和解カルテットが築いた対話」
(チュニジア人権擁護連盟(調整中))
・アフリカン・ジャーニー(渋谷敦志/写真家)



★課題別セッション機船▲侫螢の環境と人々の生活〜(13時〜14時半)
・環境と持続可能な開発目標(星野智子/環境パートナーシップ会議副代表理事)
・アフリカにおける気候変動の取組み(ミティカ・ムウェンダ/パンアフリカ気候正義連盟事務局長)
・生物多様性と人々の生活(岩井雪乃/早稲田大学准教授)



★アフリカの魅力・ユースの力(14時45分〜15時50分)
・アフリカと日本のユースによる新たな可能性〜オスマン・サンコン氏を迎えて
・クラウドファンディングでトーゴでの和太鼓コンサートを実現!(山江海邦)
・アフリカ・日本のダブルルーツのユース/エバデダン曖林



★課題別セッション供船▲侫螢の次世代を担う女性とユース〜(16時〜17時半)
・労働における女性とユース(堀内光子/児童労働ネットワーク代表)
・女性の経済的エンパワーメント(マウンゴ・ムーキ/開発多様性サービス事務局長)
・ユースの雇用・児童労働問題(近藤光/ACEガーナプロジェクトマネージャー)



●2日目 3月20日(日)

★課題別セッション掘船▲侫螢と持続可能な開発目標(SDGs)〜(10時〜11時半)
・SDGsと国際保健からみるアフリカ(稲場雅紀/動く→動かす事務局長)
・アフリカ市民社会におけるSDGs(フローレンス・シェヴオ/貧困をなくすグローバルコールアクション・ケニア事務局長)

・アフリカの食料・農業とSDGs(津山直子/アフリカ日本協議会代表理事)

★課題別セッション検船▲侫螢における紛争と和解への取組み〜(12時半〜14時)
・アフリカにおける紛争と平和構築(ウィリブロード・ゼ=ングワ/非識字・紛争・人権侵害に反対するアフリカ・ネットワーク事務局長)
・選挙と紛争:民主主義の定着と暴力の克服のために〜ブルキナファソの事例〜(ウマル・ポール・コアラガ/国際平和外交協会事務局長)
・コメンテーター:武内進一(アジア経済研究所地域研究センター長)



★ アフリカと日本の懸け橋になって(14時15分〜15時25分)

・日本におけるナイジェリア人コミュニティ(ケネディ・フィンタン・ンナジ/ナイジェリアユニオン・ジャパン代表)

・日本におけるガーナ人コミュニティ(クアシ・チェイ・アモアベン/ガーナ人協会元代表)
・エチオピアと日本の文化の懸け橋(タスファイエ・ガライヤ/陶芸家、NPO法人エチオピアの未来の子供代表)
・日本におけるアフリカ文化継承(トニー・ジャスティス/NPO法人アフリカヘリテイジコミティ代表)



★クロージング〜TICAD VIに向けた共催者と市民社会の対話〜(16時〜17時半)
・TICAD VIに向けた市民社会の提言(ムンタガ・トゥーレ/グーレリ・コンサルティングTICAD担当)
・TICAD VIに向けた日本政府・共催者の取組み(外務省TICAD事務局、世界銀行、国連開発計画、在京アフリカ外交団(予定))
・今後の市民社会の取組み(稲場雅紀 市民ネットワーク for TICAD 世話人)


*最新情報はFacebookをご覧ください。

https://www.facebook.com/africanticad/)





(都合による登壇者は変更になる可能性があります。決定次第随時更新いたします。)

(最新情報はFacebookをご覧ください。)



 《通訳あり》



【参加費】500円(両日ともに/会場にて徴収)

    

【共催】 市民ネットワーク for TICAD 、特定非営利活動法人アフリカ日本協議会



【後援】独立行政法人国際協力機構、世界銀行グループ、国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所、国際連合広報センター、外務省



【お申し込み】http://goo.gl/forms/MXuBFJTHBr



【お問い合わせ】 市民ネットワークfor TICAD(Afri-Can)

 事務局/〒110-0015台東区東上野1-20-6丸幸ビル3階

(特活)アフリカ日本協議会 担当:藤井 

電話:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903

 e-mail: ajf.event@gmail.com



※市民ネットワークfor TICAD(Afri-Can)は、アフリカにかかわる活動をしている 20 以 上の NGO 団体から成るネットワーク組織 です。 第 6 回アフリカ開発会議(TICAD VI)に向 けた提言活動を行う目的で結成され、アフ リカ市民社会と提携しつつ、イベント開催 や関係者との連携を通じて、アフリカの多 様性や文化の普及に努めています。


投稿者: webmaster 投稿日時: 2016-1-25 11:24:05 (397 ヒット)


■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     1/30開催 地球の木講座2016
「ネパールから見た日本、日本から見たネパール」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

2015年4月大地震に見舞われたネパール。 復興は政治的な問題などもあり
遅々として進みません。また多民族多文化の国であり、カーストやジェン
ダーなど社会的にも様々な難題を抱え苦労しています。そのネパールと
日本の架け橋を目指し休む間もなく活動する在日15年のジギャンさん。
王政廃止、連邦制、出稼ぎ労働、復興支援、地方分権などをキーワードに、
ネパールの現状、ネパールが何を求めどう変わろうとしているのか、また
どう変わるべきなのか、そしてそのために必要なことは何かを語ります。

【日 時】2016年1月30日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
【会 場】かながわ労働プラザ第3会議室(横浜市中区寿町1-4)
http://www.zai-roudoufukushi-kanagawa.or.jp/~l-plaza/
【参加費】500円
【お申込】電話、FAX、メール、地球の木HPよりお名前とご連絡先を
     明記のうえお申し込みください。
【連絡先】電話:045-228-1575、FAX:045-228-578、Email:chikyunoki@e-tree.jp
【申込フォーム】https://www.sslforms.net/ssl/e-tree_snkfrm/mailform.html
【主 催】NPO法人 地球の木

[講師プロフィール]
ジギャン・クマル・タパさん
ネパール生まれ。1998年在ネパール日本大使館主産の日本語弁論大会で最優秀賞を受賞。
2000年に来日。横浜国立大学大学院卒業後、公益財団法人かながわ交流財団職員に。
国際開発専攻の研究を続けている。JICA、ユニセフなどやあちこちの小・中・高校で
国際交流について講演を行ったり、多数の大学で特別講師をしている。ネパール政府の
公式通訳者を務め、ラジオ・テレビにも多数出演している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以 上


« 1 2 (3)
Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project