メインメニュー

会員団体ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

投稿者: webmaster 投稿日時: 2018-3-30 11:35:04 (53 ヒット)

***********************************
国際平和映像祭(UFPFF)2018作品募集について
***********************************

【詳細はこちら→】 http://www.ufpff.com/archives/15626
(特活)横浜NGOネットワークも後援しています。


◆平和テーマの5分以内の映像作品を募集!◆

国際平和映像祭(UFPFF) はピースをテーマにした映像祭です。平和を願う世界中の学生を中心とした若者が、映像によって国を越えたつながりを持ってほしいという願いから2011年より毎年9月21日の国連が定めた国際平和デー、通称ピースデーに合わせて開催しています。

国際平和映像祭2018の作品エントリー期間は、2018年3月21日から7月21日までです。 エントリー期間中にぜひご応募ください。

《イベント案内》「映像・メディアの力で世界を変える!」教来石小織さん、長光大慈さん登壇!国際平和映像祭2018スペシャルイベント(4/11東京)

平和というと戦争や紛争を連想しがちですが、国際平和映像祭では幅広い表現方法を受け付けています。家族、愛、つながり、優しさ、日常から見いだせる平和も対象としています。身近に感じられる平和をぜひ表現してみませんか?アニメ、CG、フィクション、ノンフィクション等表現方法は問いません。ファイナリスト作品は各界で活躍する審査員が審査します。多くの皆様のご応募をお待ちしております。



◆国際平和映像祭 2018 開催概要◆
日時:2018年9月22日(土) 15:00-20:00頃予定
場所:横浜市内
主催:一般社団法人 国際平和映像祭
後援:JICA横浜(予定)、横浜NGOネットワーク、横浜市国際局(予定)
協賛:オフィシャルパートナー Next Wisdom Foundation  パートナー 株式会社フォーバル、湘南車屋
協力:(株)クリエイティヴ・リンク、なんとかしなきゃ!プロジェクト、ユナイテッドピープル、横浜コミュニティデザイン・ラボ
メディアパートナー:オルタナS、greenz.jp、ヨコハマ経済新聞

◆募集要項
国際平和映像祭(UFPFF) 2018にエントリーするには、以下募集要項とエントリー規約をご一読の上、エントリーしてください。

映像テーマ:平和に関連する作品 例:人々の絆、環境保護、持続可能性、日常にある平和、戦争、国際協力、人権ほか
対 象:どなたでも
作品時間: 5分以内(2018年以後に制作された作品)、2作品まで
言 語: 日本語/英語(日英以外の場合は英語字幕必須。日本語以外の言語の場合、できれば日本語字幕も付けてください。)
エントリー期間: 2018年3月21日〜7月21日
選 考:10組をファイナリストとして選出。ファイナリストの作品を9月22日の国際平和映像祭2018で上映。最終審査を行います。
ジャンル:すべて
フォーマット:MOV, MP4, AVI, MPEGいずれか。アスペクト比は、16:9を推奨します。
エントリー方法:必要事項をご記入の上ご応募ください。映像データはオンラインストレージにアップロードして送信していただくか、各種メディアやハードディスクに記録して事務局までご送付いただきます。


賞についての詳細
■グランプリ
副賞:現金10万円、翌年のUFPFFでの映像作品の発表権利(10分以内の作品)

■学生部門賞
国連機関がニューヨークで11月に主催するPLURAL+アワードセレモニーと関連イベントにご招待!
※出発地からニューヨークまでの旅費と現地滞在費を最大20万円まで負担します。

■AFP通信賞
副賞として「AFP写真年鑑 2018 (非売品)」、「 Amazon ギフト券 3万円分」を贈呈します。
審査員:加来賢一(AFP World Academic Archiveディレクター)
オンラインデータ べースサービス「 AFP World Academic Archive」を正式導入いただいている大学の学生のみなさん(十大学合同セミナー参加学生含む)は、ご応募にAFPのデジタルコンテンツをご活用ください。選考の上、最も効果的にAFPのデジタルコンテンツを掲載した作品に「AFP通信賞」を授与いたします。

なお、正式契約大学以外の学生で、今回の応募作にAFPデジタル素材を利用したい方は下記のサイトから利用申請を行ってください。申請者に利用目的及び期間を今回の応募作品制作に限定したAFPWAAアカウントを発行いたします(発行費用は一般社団法人 国際平和映像祭が負担)。
申請手続きの詳細はこちらから → https://business.form-mailer.jp/fms/b12ee1cf71081
副賞として「AFP写真年鑑 2017 (非売品)」、「 iTunes Card 3万円分」を贈呈します。
※AFP通信賞のみ応募締め切りは8月31日となります。

■横浜市国際局長賞 予定

UFPFF2018 ENTRY


UFPFFに関連する賞
■国連PLURAL+ UFPFF賞

審査員
井上 高志(株式会社LIFULL代表取締役社長、一般財団法人Next Wisdom Foundation 代表理事、一般社団法人デモクラティアン代表理事)
金大偉(音楽作家、映像作家)
高橋克三(国際平和映像祭理事)
龍村ゆかり(地球交響曲ガイアシンフォニー プロデューサー)
丹下紘希(映像作家)
審査員プロフィール


エントリー規約
・ファイナリストの作品は原則的に国際平和映像祭のオフィシャルYouTubeチャンネルに開催後に公開します。
・肖像権については、映像に個人の顔が映っているときには、その方の許諾を得てから応募してください。
・著作権については、作品中の音楽等、制作者が著作権等を有しない素材を使用する場合は、必ず著作権を有する方または団体の許諾を得てから応募してください。
・第三者の著作物を使用した場合は、著作者による利用承諾書を事務局までご郵送ください。
・肖像権、著作権等の問題が発生しても、主催者は、一切の責任を負いません。
・応募作品は返却いたしません。
・応募作品の著作権は応募者に帰属しますが、国際平和映像祭の周知・宣伝等のため、ウェブサイトやプレス向け資料、パンフレット等で公開させていただく場合があります。国際平和映像祭は同目的のために応募作品を、応募者名、作品タイトル、プロフィール、顔写真を含め、無償かつ自由に使用できるものとします。応募作品を編集して利用する場合もございますので、応募者は、応募作品に関する著作者人格権の不行使に同意するものとします。
・前項の条件は、応募作品のパブリシティー権(放映権、出版権等)や二次著作権(著作隣接権)が第三者に移転した場合にも承継されることとします。したがって、受賞者は応募作品を第三者に有償・無償の別を問わず譲渡若しくは貸与する場合には、受賞者の責任において第三者との問でこの旨の契約事項を盛り込んだ契約の締結が必要となります。
・応募点数は一人2作品までとします。
・著作権上の問題がある作品は上映することが出来ません。


投稿者: webmaster 投稿日時: 2018-3-4 15:19:01 (66 ヒット)

***************************************************
【WE21ジャパン主催・「NGO非戦ネット」関連イベント】緊急開催!
3/7(水):学習会「現実化する憲法改正に向き合う」
***************************************************


学習会詳細:http://www.we21japan.org/we21/2018/02/37.html



日時:2018年 3月7日(水)18:15-20:30
場所:かながわ県民センター 1501室(48人室)
   (横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2 TEL:045-312-1121)
    <アクセス>J R 線・私鉄「横浜駅」西口・きた西口より徒歩約5分

講師:田崎 基さん(神奈川新聞記者)


投稿者: webmaster 投稿日時: 2018-2-9 14:22:53 (96 ヒット)

【参加者募集】
「NGO組織強化のための、ワークショップ&フィールドワーク」

この研修は、
『NGOの組織強化x元気な地域づくり
〜つながり、まなびあい、ひろがる〜』というコンセプトのもと、
フィールドワークでは実際に地域コミュニティで活動しているさまざまな分野の方々を訪問し、
それをもとに参加者同士が学びあうワークショップを実施しています。
参加者所属するNGO・NPOが地域の人々との継続的な協力関係を構築できて、
自分たちの組織も強化されるよう、具体的な行動計画を作成することを目的に、
3年間のプログラムが組まれています。
2017年度の第1クールで3回のフィールドワークを実施し、
すでに参加者と訪問先団体とのコラボによる活動が具体化した例もあります。
第2クールでは、
参加者同士で訪問先も検討し、チームを作って実際に訪問して関係を構築し、
学びを深めていく予定です。
いよいよ第2クールが始まるにあたって、新たな参加者を募集しています。
第1クールに参加していなくても大丈夫! 
最初のワークショップで経験を共有することができます。
個人ですべてのプログラムに参加できなくても、
団体内で別の人が参加して学びを共有できればそれでも大丈夫!
たくさんの方の参加をお待ちしています。

≪ 第2クールの予定 ≫
2月18日(日) 第1クールのまとめワークショップと第2クールに向けて、
4月〜5月    ワークショップ(地域から学ぶ)
6月      ワークショップ(次回フィールドワーク準備)
7月〜9月    フィールドワーク 蔽楼茲ら学ぶ )
7月〜9月    ワークショップ(フィールドワークの振り返り)
11月〜1月   フィールドワーク◆蔽楼茲ら学ぶ)
11月〜1月   ワークショップ(フィールドワーク△凌兇衒屬蝓
2019年2月   ワークショップ(第2クールの振り返りと第3クールに向けて)

≪ 参考 ≫
第1クールのフィールドワーク訪問先
・株式会社 桑郷(山梨県西八代郡市川三郷町)
・穴山ふれあいホール(山梨県韮崎市穴山町)
・おちゃのじかん(山梨県韮崎市穴山町)
・千丸台地区社会福祉協議会(横浜市旭区)
・K2インターナショナルグループ(横浜市磯子区)


会場:JICA横浜
参加対象:国際協力NGOのスタッフ・ボランティア
参加費:無料
参加申込・お問合せ: tmh@ynn-ngo.org
「件名」を「TMH研修参加申込(または、問合せ)」としてください。
問合せ先:
(特活)横浜NGOネットワーク
TMH研修担当・斎藤聖・小俣典之
〒231-0001横浜市中区新港2-3-1
TEL:045-662-6350
E-mail: tmh@ynn-ngo.org



投稿者: webmaster 投稿日時: 2018-1-25 12:56:58 (134 ヒット)

横浜YMCAでは、今年作文を通して被災地の子どもたちの取材を
継続している森健氏の講演会を開催します。

東日本大震災から7年が経過した今、被災地は復興に向けてどのように
歩んでいるのでしょうか?
東日本大震災の直後から、『つなみ 被災地の子ども80人の作文集』(文藝春秋)に関する取材を行っている森健氏。
その後も継続して現地の人びとの取材を続けています。
被災地で暮らす人びとの今を語ります。

実施日時:2018年3月9日(金)18:30〜20:30

会場:横浜中央YMCA

定員:100人

費用:無料

申し込み方法:下記申し込みページからでお申し込みください。
http://www.yokohamaymca.org/program/20180309zd.html

ゲストスピーカープロフィール:森 健(もり・けん)氏
ジャーナリスト。1968年東京生まれ。早稲田大学法学部卒。
2012年『「つなみ」の子どもたち』(文藝春秋)と作文集『つなみ』(同)で
第43回大宅壮一ノンフィクション賞受賞。
2015年『小倉昌男祈りと経営』(小学館)で第 22 回小学館ノンフィクション大賞受賞、
2017年、同書で第1回大宅壮一メモリアル日本ノンフィクション大賞、
ビジネス書大賞 2017審査員特別賞受賞。
著書▪『勤めないという生き方』(KADOKAWA)、『グーグル・アマゾン化する社会』(光文社)、『人体改造の世紀』(講談社)ほか


投稿者: webmaster 投稿日時: 2017-12-27 15:52:37 (731 ヒット)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

第4回「かながわNGO学びの会」
テーマ:『SDGs×開発教育×NGO』
     〜「スマホの一生」を通して考える、SDGsの伝え方〜

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆日時:2018年1月27日 13:30〜17:00(開場13:00)
◆会場:JICA横浜
    横浜市中区新港2-3-1
    http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
◆参加対象:国際協力団体のスタッフ・ボランティアなど
◆参加費:無料
◆主催:JICA横浜   
◆企画運営:(特活)横浜NGO連絡会

◆プログラム:

【第1部】 『SDGs×開発教育×NGO』
    〜「スマホの一生」を通して考える、SDGsの伝え方〜

講師:開発教育協会(DEAR)  小口瑛子さん 
    
神奈川地域で活動するNGOが、SDGs(国連・持続可能な開発目標)にどう取り
組み、会員や支援者の人々にどう伝え理解してもらうか、ヒントを得る学び
です。SDGsをNGO活動に生かして、組織強化につなげるには、どのような手法や
プランが考えられるか、開発教育教材『スマホの一生』を使った参加型ワーク
ショップを通して、いアイデアを生み出すチャンスです。

【第2部】 『JICAスキームの活用を考える』
第1部の学びを活かして、SDGsを推進し、JICAのスキームを活用する具体的取り
組みを話し合いましょう。

◆参加申込⇒ 要予約

以下をご記入の上、メールにてお申込みください。
 (1)お名前 (2)所属団体名 (3)メールアドレス (4)電話番号
  メールの件名を「かながわNGO学びの会参加申込」としてください。
  申込メール送付先: manabi@ynn-ngo.org
  
お申し込み後、3営業日以内に受理通知をメールでお送りします。万一、お手元に
届かない場合には、お手数ですが事務局までご連絡ください。
*12月29日から1月3日は冬期休業のため、1月4日以降の返信となりますことを
 ご了承ください。

【かながわNGO学びのの会とは?】                                
地域のNGOが、活動に必要な国際協力に関する国際的な潮流を把握し、組織強化を
目指すために、様々なテーマの講座を年間4回、開催します。互いの経験を共有し
ながら、学んでいくのが特徴です。

●お問い合わせ:
(特活)横浜NGO連絡会
〒231−0001 横浜市中区新港2-3-1 
TEL: 045-662-6350 
E-mai:manabi@ynn-ngo.org


« 1 (2) 3 4 5 »
Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project