メインメニュー

会員団体ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

投稿者: we21 投稿日時: 2017-8-31 11:45:32 (12 ヒット)

認定NPO法人WE21ジャパンが事務局を務める、日本チャリティーショップ・ネットワーク(JCSN)は、『チャリティーショップ講演会&設立相談会』を開催します。

チャリティーショップは、リユースによる資源環境問題への貢献、非営利団体の資金作りのみならず、市民の生きがい作りの場や地域の助け合いの拠点となる等、様々な価値を持っています。

これらの、チャリティーショップの魅力を多くの方に知っていただくため、国内外のチャリティーショップの様子等を具体的にお話し、皆さんのご質問にもお答えします。

また、新たにチャリティーショップのオープンを検討していらっしゃる方には、個別相談も受け付けます。

「チャリティーショップって?」「チャリティーショップに参加したい!」「チャリティーショップを開きたい!」たくさんの皆さまのご参加をお待ちしています。(参加費無料)


【開催概要】
◎日時:2017年9月19日(火)
 10:00-11:50 (9:30開場)
◎会場:東京ウィメンズプラザ 第二会議室
 渋谷区神宮前5-53-67 東京ウィメンズプラザ2階

【アクセス】http://www1.tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp/outline/tabid/136/Default.aspx
表参道駅 B2出口から徒歩7分
渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分

◆講師:大嶽貴恵(エコメッセ理事長、日本チャリティーショップ・ネットワーク運営委員)
◆プログラム:チャリティーショップとは、質疑応答、個別相談
◆定員:20名(9月15日締切、ただし申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
◆参加申込:「ご氏名、電話番号、メールアドレス、特に聞きたいこと(あれば)」を、日本チャリティーショップ・ネットワーク事務局までご連絡ください。

*詳しくは、こちら
 →http://charityshop.jp/20170919kouenkai-tokyo/

■主催/お申込み・お問合わせ
日本チャリティーショップ・ネットワーク(JCSN) 
 神奈川県横浜市中区山下町70 土居ビル6階 (認定NPO法人WE21ジャパン内、担当:古賀)
Email:jimu@charityshop.jp TEL:045-264-9390
HP: http://charityshop.jp Facebook: https://www.facebook.com/JapanCharityShopNetwork/
 
*この講演会は、平成29年度 独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金の助成を受けて開催します。


投稿者: webmaster 投稿日時: 2017-7-27 16:32:37 (506 ヒット)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

<参加者募集>
かながわNGO学びの会 『飛躍する団体はここが違う』

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


◆日時:8月19日(土)13:30〜17:00 (開場:13:00)
◆会場:JICA横浜 横浜市中区新港2-3-1
http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html
◆参加対象:国際協力団体のスタッフ・ボランティアなど
◆参加費:無料
◆主催:JICA横浜   
◆企画運営:(特活)横浜NGO連絡会
◆参加申込⇒ 要予約
以下をご記入の上、メールにてお申込みください。
 (1)お名前 (2)所属団体名 (3)メールアドレス (4)電話番号
  メールの件名を「かながわNGO学びの会参加申込」としてください。
  申込メール送付先: manabi@ynn-ngo.org
お申し込み後、2営業日以内に受理通知をメールでお送りします。万一、お手元に
届かない場合には、お手数ですが事務局までご連絡ください。

<プログラム>
【第1部】講座:『飛躍する団体はここが違う』
  講師:(特活)エイズ孤児支援NGO・PLAS 小島美緒事務局長
  講師プロフィール
-----------------------------------------------------------------------------
2006年 国際基督教大学教養学部を卒業。大学卒業後に3ヶ月間ウガンダへ渡航。
HIV陽性者支援を行う大手現地NGOでのインターンや、エイズ孤児が通う小学校
の経営改善に携わったことがきっかけでエイズ孤児の問題に関わるように。
帰国後、JPモルガン証券株式会社で3年間勤務。社内での社会貢献活動に積極的
に関わりながら、社外活動としてプラスのボランティア運営スタッフをはじめ
数多くのボランティア活動や社会貢献活動に携わる。2011年よりエイズ孤児支援
NGO・PLASに勤務、国内での各種キャンペーン事業やファンドレイズ、企業連
携、広報・マーケティング全般をリードする。
-------------------------------------------------------------------------------
 
設立されて日が浅い若い団体が、個人の思いの段階から組織的にしっかりして、
社会的責任を果たせる団体となっていくために、どのようなことが必要か?
仲間だけの小さなサークルに留まる団体と社会に認知される活動を進めるNGOに
育っていく団体とは、どこに違いがあるのか?
経験の浅い団体のフタッフはもちろん、ベテランの団体のスタッフにとっても
若い世代から組織の飛躍のための多くのヒントを学べる機会です。

【第2部】草の根技術協力事業・JICAスキームの活用
リソースパーソン:小池絢子氏  認定NPO法人WE21ジャパン

JICA草の根技術協力事業についての理解を深め、同事業の実施経験団体から学び
ます。

【かながわNGO学びのの会とは?】                                
地域のNGOが、活動に必要な国際協力に関する国際的な潮流を把握し、組織強化を
目指すために、様々なテーマの講座を年間4回、開催します。互いの経験を共有し
ながら、学んでいくのが特徴です。

●お問い合わせ:
(特活)横浜NGO連絡会
〒231−0001 横浜市中区新港2-3-1 
TEL: 045-662-6350 
E-mai:manabi@ynn-ngo.org


投稿者: webmaster 投稿日時: 2017-6-13 15:33:44 (1081 ヒット)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
【参加者大募集】NGO組織強化のための、ワークショップ&フィールドワーク
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



◆日時:
【第1クール】 2017年7月17日〜2018年2月18日
 第1クールでは、6回のワークショップと2回のフィールドワークを予定しています。
   ※下記の「各回詳細」をご覧ください

☆第2回 フィールドワークの準備のためのワークショップ
     -地域コミュニティとは何か、考えよう-
 日時:9月4日(月)19:00〜21:00
 会場:JICA横浜
 参加費:無料

☆山梨フィールドワーク
 日時:9月9日(土)8:00 〜10日(日)17:00 (1泊2日)
 訪問先:株式会社 桑郷(山梨県市川三郷町)、おちゃのじかん(山梨県韮崎市)
 参加費:無料

◆会場:JICA横浜 
 横浜市中区新港2-3-1
【⇒会場地図】

◆主催:JICA横浜
◆企画・運営:特定非営利活動法人 横浜NGO連絡会

◆研修名 『NGOの組織強化 x 元気な地域づくり 
〜つながり、まなびあい、ひろがる〜』

「課題先進国である日本」の課題解決に向けた取り組みを国際協力のフィールドにも活かせるのではないか!そのような考えをもとに、本研修では、 “海外で国際協力活動をされているNGO・NPOなどの団体の皆様”” が、 “日本の地域に根ざして活動しているNGO・NPOや地域のグループ、地方自治体、民間企業の方々など(以下、地域のアクター)” を訪問し、意見交換や経験交流を行い、共通の課題や、それぞれの課題への取り組みについて学びます。
そして、参加者皆様の所属する組織が、自分たちが活動している地域のアクターと継続的な協力関係を構築することで、組織の基盤強化につなげることを目指しています。
経験豊かな豪華ファシリテーターによるワークショップや、フィールドワークを多数企画しております。他の団体の方々と横のつながりを作る良い機会です。ぜひご参加ください。


◆対象者:
神奈川県および山梨県などの近県の国際協力活動を行うNGO・NPOのスタッフ、学生団体など

◆募集定員:20名程度

◆受講料:無料
※遠方からの参加者への交通費補助あり(上限額などあり)

【各回詳細】
第1クール 「お互いを知る/課題の抽出」
    第1回  7月17日(月・祝日)10:00〜16:00
        ■キックオフワークショップ
    第2回  9月 4日(月)   19:00〜21:00
        ■フィールドワークの準備のためのワークショップ
    第3回  9月 9日(土)〜9月10日(日)
        ■山梨県の地域のアクター訪問フィールドワーク
          ※宿泊費用・交通費は当方で負担します。
    第4回 10月22日(日)午前
        ■フィールドワークの振り返りワークショップ
    第5回 10月22日(日)午後
        ■フィールドワークの準備のためのワークショップ
    第6回 11月〜12月頃
        ■神奈川県の地域のアクター訪問フィールドワーク
    第7回 12月17日 (日)時間未定
        ■フィールドワークの振り返りワークショップ
    第8回 2月 18日(日)時間未定
        ■第1クールまとめのワークショップ

本研修は、第1クール〜第4クールまでの4部構成で以下の開催を予定しております
・第1クール「お互いを知る/課題の抽出」:2017年7月17日〜2018年2月18日
・第2クール「日本の地域から学ぶ」:2018年4月〜2019年2月
・第3クール「地域とのアクターとの経験交流」:2019年4月〜2019年9月
・第4クール「アクションプランの作成」:2019年11月〜2020年2月
(詳細は、「関連リンク」のチラシ参照)
※全ての研修に参加していただくことを想定しておりますが、団体の中で参加者を途中で交代していただくことは可能です。

【申込方法】
Eメール(宛先:tmh@ynn-ngo.org)にてお申込みください。
お申込みの際は、次の 銑Δ砲弔い謄瓠璽詼槓犬砲監力ください。
〇臆端垰疚勝´⊇蠡庵賃量勝´C甘・役職 Eメールアドレス ソ蠡庵賃僚蚕蝓´ε渡暖峭罅併臆端垠搬單渡辰覆鼻法

※申込み受領後、受領通知メールをお送りしますので、連絡がない際はお手数ですが、事務局までお問合せください。

【申込〆切】
2017年7月16日(日曜日)17時00分まで


◆お問い合わせ:
特定非営利活動法人 横浜NGO連絡会 事務局
電話番号:045-662-6350
Eメール: tmh@ynn-ngo.org

関連リンク:
・特定非営利活動法人 横浜NGO連絡会ホームページ http://ynn-ngo.org/
【⇒広報チラシ(PDF)のダウンロード】


投稿者: webmaster 投稿日時: 2017-2-20 15:12:02 (109 ヒット)

3/12(日)「WEフェスタ春」“もったいない”は世界につながる - チャリティバザール&イベントを開催します!


WE21ジャパン・グループは、第13回「WEフェスタ春」"もったいない"は世界につながる チャリティバザール&イベントを開催します!

恒例の全国からの寄付品(衣類、食器、雑貨、バッグ、靴、着物など)販売に加え、着物生地などを活かしたリメイク品の販売、実際に作品づくりができるワークショップやステージでのバンド演奏、東日本被災地からの物産販売、子どもコーナーなど、楽しい企画が盛りだくさんです。

企業や他団体の出展では、展示やフェアトレード品販売、リメイクワークショップも開催します。

収益は、アジアの女性の自立を中心に国内外30か国で支援活動を進めるWE21ジャパンの活動に活用されます。
限られた資源を循環させることで、国内外で困難な状況に置かれる人たちへの支援につながります。

会場は横浜・山下公園にほど近い「横浜産貿ホール」です。
横浜観光を兼ねて、お気軽にご来場ください!

【日時】2017年 3月12日(日)11:00-17:00 

【会場】横浜産貿ホール 1F展示場
   〒231-0023 横浜市中区山下町2
★地図はコチラ http://www.yokohama-sanbohall.com/access/kinrin/ 
   <アクセス>みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口より徒歩約3分

【内容】 
◆販売エリア
・全国からの寄付品(衣類、着物、食器、靴・バッグ、雑貨)の販売
・リメイク作品の展示・販売
・古布からつくるリメイク・ワークショップ(WE21リメイク連絡会)
◆イベントエリア
・フェアトレード品(ジンジャーティ、コーヒー)の試飲・販売
・東日本復興支援マルシェ(被災地からの食品の試食・販売)
・東日本被災地のパネル写真展示
・災害時の炊き出し(すいとん販売)
・ソーラークッキング展示
・新聞紙でつくる簡単スリッパ
◆展示いろいろ
・横浜美術大学によるリメイクアート作品展示
・企業・他団体によるエコな出展・販売(販売・ワークショップもあります)
・WE21ジャパン・グループ活動の展示
◆ステージ
・ビッグディッパーシンガース
・金子みすゞの世界を歌う
◆その他
・キッズコーナー(お子さまのお楽しみ企画もいろいろ)
・休憩コーナー
・アンケートに答えてエコ手袋プレゼント★
・資源回収協力(使用済みケータイ・スマホ、てんぷら油)

【入場】 無料

【主催】 認定NPO法人 WE21ジャパン
     TEL:045-264-9390  FAX:045-264-9391  E-mail:info@we21japan.org

【後援】(株)アールケイエンタープライズ、NPO法人アクションポート横浜、(有)飯室商店、(株)大川印刷、神奈川ワーカーズ・コレクティブ連合会、(有)コスミックインフォリンク、女性・市民コミュニティバンク、生活クラブ生活協同組合神奈川、TOKYO油田、ナカノ(株)、日本チャリティーショップ・ネットワーク、NPO法人横浜NGO連絡会、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ協会、(企)ワーコレ・キャリー、神奈川県、環境省関東地方環境事務所


<<WEフェスタ当日のイベントボランティア募集!>>
WE21ジャパン・グループ最大のイベント「WEフェスタ」にボランティア参加してみませんか?
会場レイアウト準備、販売サポートなどを通じてリユース・リサイクルと支援へのつながりを実感できます。
どうぞお気軽にお問合せください。皆さまのご参加をお待ちしています!

【お問合せ】
WEフェスタ春2017事務局(担当:福井)
TEL:045-264-9390  FAX:045-264-9391 
E-mail:info@we21japan.org


★詳しくは、こちら → http://www.we21japan.org/we21/2016/12/201731213we--.html


投稿者: webmaster 投稿日時: 2016-3-5 13:08:44 (574 ヒット)



□■□■ 転送歓迎━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

みんなのTICADフォーラム

 〜アフリカと日本の新しい船出〜

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□■



今年、第6回アフリカ開発会議(TICAD此砲ケニアで開催されます。

これまでのTICADで、市民社会はアフリカの人々の声を届け、真にアフリカの人々のためになるTICADを実現するべく、政策提言を行ってきました。

本フォーラムではTICAD VIに向けた市民社会の取組みを披露するため、アフリカ市民社会の代表を招き、TICAD VIに関連する課題別セミナーや、アフリカと日本の懸け橋となって活躍する在日アフリカ人や日本人を招いたトークセッションを開催します。

広大で多様で、躍動するアフリカ。持続可能な開発目標や紛争、環境、ユース・女性等、TICAD VIにおいて重要な課題について、アフリカの現場で活躍するアフリカ市民社会や日本のアフリカ専門家とともに、草の根レベルの知見を見出して議論します。

アフリカで開催されるTICAD VI、アフリカを、日本で体感してみませんか?



┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

┃開催概要

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】 2016年3月19日(土)・20日(日)10:00〜17:30 (開場 9時30分)



【会場】早稲田奉仕園(東京都新宿区西早稲田2-3-1)

東京メトロ東西線早稲田駅より徒歩5分、東京メトロ副都心線西早稲田駅より徒歩8分

http://www.hoshien.or.jp/map/)



【プログラム】

●1日目 3月19日(土)

★オープニング〜今年はTICAD VI〜アフリカと日本の新しい船出〜(10時〜12時)
・基調講演「2015年ノーベル平和賞受賞チュニジア国民和解カルテットが築いた対話」
(チュニジア人権擁護連盟(調整中))
・アフリカン・ジャーニー(渋谷敦志/写真家)



★課題別セッション機船▲侫螢の環境と人々の生活〜(13時〜14時半)
・環境と持続可能な開発目標(星野智子/環境パートナーシップ会議副代表理事)
・アフリカにおける気候変動の取組み(ミティカ・ムウェンダ/パンアフリカ気候正義連盟事務局長)
・生物多様性と人々の生活(岩井雪乃/早稲田大学准教授)



★アフリカの魅力・ユースの力(14時45分〜15時50分)
・アフリカと日本のユースによる新たな可能性〜オスマン・サンコン氏を迎えて
・クラウドファンディングでトーゴでの和太鼓コンサートを実現!(山江海邦)
・アフリカ・日本のダブルルーツのユース/エバデダン曖林



★課題別セッション供船▲侫螢の次世代を担う女性とユース〜(16時〜17時半)
・労働における女性とユース(堀内光子/児童労働ネットワーク代表)
・女性の経済的エンパワーメント(マウンゴ・ムーキ/開発多様性サービス事務局長)
・ユースの雇用・児童労働問題(近藤光/ACEガーナプロジェクトマネージャー)



●2日目 3月20日(日)

★課題別セッション掘船▲侫螢と持続可能な開発目標(SDGs)〜(10時〜11時半)
・SDGsと国際保健からみるアフリカ(稲場雅紀/動く→動かす事務局長)
・アフリカ市民社会におけるSDGs(フローレンス・シェヴオ/貧困をなくすグローバルコールアクション・ケニア事務局長)

・アフリカの食料・農業とSDGs(津山直子/アフリカ日本協議会代表理事)

★課題別セッション検船▲侫螢における紛争と和解への取組み〜(12時半〜14時)
・アフリカにおける紛争と平和構築(ウィリブロード・ゼ=ングワ/非識字・紛争・人権侵害に反対するアフリカ・ネットワーク事務局長)
・選挙と紛争:民主主義の定着と暴力の克服のために〜ブルキナファソの事例〜(ウマル・ポール・コアラガ/国際平和外交協会事務局長)
・コメンテーター:武内進一(アジア経済研究所地域研究センター長)



★ アフリカと日本の懸け橋になって(14時15分〜15時25分)

・日本におけるナイジェリア人コミュニティ(ケネディ・フィンタン・ンナジ/ナイジェリアユニオン・ジャパン代表)

・日本におけるガーナ人コミュニティ(クアシ・チェイ・アモアベン/ガーナ人協会元代表)
・エチオピアと日本の文化の懸け橋(タスファイエ・ガライヤ/陶芸家、NPO法人エチオピアの未来の子供代表)
・日本におけるアフリカ文化継承(トニー・ジャスティス/NPO法人アフリカヘリテイジコミティ代表)



★クロージング〜TICAD VIに向けた共催者と市民社会の対話〜(16時〜17時半)
・TICAD VIに向けた市民社会の提言(ムンタガ・トゥーレ/グーレリ・コンサルティングTICAD担当)
・TICAD VIに向けた日本政府・共催者の取組み(外務省TICAD事務局、世界銀行、国連開発計画、在京アフリカ外交団(予定))
・今後の市民社会の取組み(稲場雅紀 市民ネットワーク for TICAD 世話人)


*最新情報はFacebookをご覧ください。

https://www.facebook.com/africanticad/)





(都合による登壇者は変更になる可能性があります。決定次第随時更新いたします。)

(最新情報はFacebookをご覧ください。)



 《通訳あり》



【参加費】500円(両日ともに/会場にて徴収)

    

【共催】 市民ネットワーク for TICAD 、特定非営利活動法人アフリカ日本協議会



【後援】独立行政法人国際協力機構、世界銀行グループ、国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所、国際連合広報センター、外務省



【お申し込み】http://goo.gl/forms/MXuBFJTHBr



【お問い合わせ】 市民ネットワークfor TICAD(Afri-Can)

 事務局/〒110-0015台東区東上野1-20-6丸幸ビル3階

(特活)アフリカ日本協議会 担当:藤井 

電話:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903

 e-mail: ajf.event@gmail.com



※市民ネットワークfor TICAD(Afri-Can)は、アフリカにかかわる活動をしている 20 以 上の NGO 団体から成るネットワーク組織 です。 第 6 回アフリカ開発会議(TICAD VI)に向 けた提言活動を行う目的で結成され、アフ リカ市民社会と提携しつつ、イベント開催 や関係者との連携を通じて、アフリカの多 様性や文化の普及に努めています。


Powered by XOOPS 2.0 © 2001-2003 The XOOPS Project